子宮頸がんワクチンについて

子宮頸がんの原因になるヒトパピローマウイルス (HPV) には、ワクチン接種での予防が有効です。

当院では成人を中心とした接種を行っています。とくに、小学生~高校生にワクチンを接種していなかった女性の追加接種 (キャッチアップ接種) を承るケースが多いです。

ワクチンは取り寄せとなるため予約が必要です。接種内容の確認もいたしますので、お電話でお問い合わせください。(電話番号 : 048-767-5022)

なお、以下のさいたま市の補助を利用する場合は、ご予約の際に接種歴を確認します。お手元に母子健康手帳をご用意ください。

キャッチアップ接種のさいたま市の補助

2024年度で無料接種が終了します。

さいたま市の補助により無料で接種できていましたが、2025年3月末で制度が終了します。規定の間隔で合計3回の接種を行うため、すべての接種を無料で受けるには、2024年9月に初回接種を開始する必要があります。

制度終了後も自費診療として接種することも可能なので、ご相談ください。

接種いただくには、次のものが必要です。

  • 予診票 (当院でもご用意があります)
  • 母子健康手帳
  • 健康保険証
  • さいたま市民であることが確認できる書類 (運転免許証やマイナンバーカード等)

とくに母子健康手帳はご予約の時点で必要です。

過去に接種していないことを確実に確認するためです。紛失された等で手帳の確認が難しい場合でも、定期接種を受けた市区町村に記録が残っている場合があります。必要に応じてお問い合わせをお願いします。(当院からは接種記録を問い合わせることはできません)

他の市区町村からの転居などの関係で、すでに接種しているにも関わらず、さいたま市からキャッチアップ接種の案内が届くことがあるようですので、ご注意ください。

この制度は、過去に厚生労働省が子宮頸がんワクチン接種の推奨を差し控えていた時期があったため、接種が行えなかった方のためのものです。現在はワクチンの有効性と安全性が証明されており、接種が推奨されます。制度の詳細はさいたま市ホームページを、経緯の詳細は日本婦人科腫瘍学会ホームページ等をご覧ください。